中小規模向けのECサイト構築

ターゲットとなるショップ規模
道の駅、商店会、少量多品種販売店舗など実店舗販売に加えビジネスチャンスが広がります。

メリット
営業時間が広がります!
低予算で店舗が開店
顧客が広範囲に広がります

デメリットと課題克服
対面式でないため商品説明や写真やレビューなどで細かな対応が必要
価格競争が発生しやすいので他店舗にない商品を選ぶ


モールと専用店舗の比較
モールのメリットは、主要モールは知名度が高く、集客しやすいというメリットがあります。また、ネットショップ開業に必要な機能があらかじめ用意されているため、専門的な知識がなくてもできて、レンタルショッピングカート同様、短期間での開業が可能です。

デメリットとしては、出店数が多いため、自分のショップがほかのライバル店の中に埋もれてしまう可能性があります。ライバルショップが多いために値下げ競争になったり、モールの独自ルールによりショップデザインが制限されオリジナ リティが出せなかったり、独自のプロモーションやお客様へのアプローチに制限があります。たとえば、会員情報はモール側にて管理されるため、メルマガなどの販促施策が個別でおこなえず、リピーターの獲得が 難しい点などがあげられます。また、売れるたびに手数料がかかるため、レンタルショッピングカートなどと比較した際には、利益率が低くなる傾向があります。

専用システムのメリット
メリットとしては、ショップのデザインやコンセプト、運営方針など自分にピッタリ合ったショップがイチから作れるという点があげられます。基幹システムとの連携など、実店舗で言うところの間取りが、自由に設計できるのです。
専用システムのデメリット
デメリットは、専用システム構築では基本的にイチからネットショップを作るので、開業するには数百万〜数千万の資金が必要になる場合がありますが、規模に合わせてパッケージを組み合わせることによって低コストで実現可能です。


VMEの提案
専用店舗を提案します
私たちは専用店舗でも最低限のコストと期間でモールに近いコストでスタートできるように応援いたします。