赤松敏弘 Next Door – New Life 電子書籍発売

J・ミュージシャン人名録
ヴァイブラフォン奏者 赤松敏弘

Next Door – New Life
あるジャズヴィブラフォン弾きのちょっぴり変わった30年のニューライフ 1&2

 

自身のアルバムやプロデュースアルバムが常にジャンルを超えた支持を受けるジャズ・ヴィブラフォン奏者の赤松敏弘――。

13歳からヴィブラフォンを独学で始め、米国バークリー音楽大学に進学してゲイリー・バートンに師事。

帰国後、通算15枚のアルバムをリリース、2003年作『Still on the Air』がスイングジャーナル誌ジャズディスク大賞・国内制作作品として選出。

自己のバンドやデュオで国内各地のライブハウス、テレビ、ラジオに出演するともに、数多くのアーチストのレコーディングに参加している。

本書は、一つの楽器を極めるプロセスからいかにして音楽を生業とする発想に結びつけるかで歩んだ30年を笑いと涙で語る。

アルバム『NEXT DOOR – NEW LIFE』 (VME)と同時発売。

 

VOL.1,2ともに各1,100円(税込)

 

amazonで入手
VOL.1

VOL.2