後藤子沙 ファーストアルバム「青い扉」2021.11.15 ON SALE

amazon で購入

VMEで購入

 

後藤 子沙 アルバム「青の扉」のリリースに向けて
須藤 満からのメッセージ

後藤子沙の音楽と出会ったのは5年前。彼女が企画したレコーディングライブのメンバーとして、今作にも参加している齋藤たかし(ds)とともに人を介して紹介され演奏したのが最初でした。「ちょっと変わった面白い曲を作るなぁ」というのが第一印象。その後、齋藤とのトリオで「後藤子沙project」として定期的にライブを重ねるようになると、後藤はライブの度にほぼ毎回新曲を書いて来ました。時に叙情的、時にアグレッシヴ。そんな後藤の多様な楽曲のイメージを具現化しさらに曲の世界観を広げるべく、演奏するだけでなく構成やコードのアイディアなども提案しながら毎回のライブに取り組んできました。1年ほど前、後藤からの「どこかレーベルからCDをリリースできたらと思うのですが」との相談とともにプロデュースを依頼されました。自作のセルフプロデュースしかしたことのなかった自分ですが、「これも経験」と捉え引き受けることに。第一印象からずっと変わらない「後藤子沙の面白い楽曲たち」をバランスよく選曲することから始まった今作の制作、二日間での録音は両日ともに深夜まで及ぶハードなものでしたが、非常に音楽的な良い雰囲気の中、 皆が自身のスキルと楽曲への拘りを十分に発揮した9曲を収録することができました。新しい感覚を持ちつつ、作家としてもピアニストとしてもまだまだ伸びしろを感じさせる音楽家・後藤子沙。扉の向こうに広がる色彩りな新しい世界を目指し歩みを止めない彼女は、音楽家人生の第一チェックポイントとなる今作『青の扉』を完成させ、すでに次の旅へと歩みを進めています。そんな彼女の歩みを、これからも期待を込めてサポートして行けたらと思っています。

後藤 子沙『青の扉』プロデューサー 須藤 満

 


後藤 子沙(ごとう・みさ) プロフィール

宮城県出身ピアニスト、キーボディスト、コンポーザー。
幼い頃からクラシックピアノを始め、高校生の時にはアコースティックギターを習う。

宮城学院中学校、宮城学院高校卒業。
昭和音楽大学ポピュラー科ピアノ専攻卒業。

在学中から様々なアーティストのサポートをし、TV局主催のイベントやフェスティバル等外部での演奏活動も積極的に行う。

学内においてはグラミー賞受賞者アンジェラ・ハントのワークショップでピアノを担当する他、様々な機会に演奏をする。
卒業時にポピュラー科代表として自身初となるオリジナル曲を披露。
卒業後もアーティストのサポートに加え、レストランやディナーショーでの演奏、レコーディング等、演奏の幅を広げる。

2016年、神楽坂 the gleeにて『後藤子沙 Project 公開ハイレゾレコーディングライブ』を行いライブ録音をe-onkyo・SONY「more」・VICTOR STUDIO 「HD-Music.」よりリリース。
ハイレゾレコーディングサポートアーティスト:Ba.須藤満 Per.石川武 Dr.齋藤たかし

仙台CATV・ミヤギテレビ・エフエムなとり・TBC東北放送ラジオへの出演や仙台市民会館でのコンサート等、地元宮城県での活動も精力的に行っている。

コード奏に関するセミナーを開催したり、ピアノ講師への指導にも力を入れている。

主な出演歴
・TBSテレビ「UTAGE!」千賀健永(Kis-My-Ft2)ピアノ指導
・TBC東北放送ラジオ「ロジャー大葉のラジオな気分」
・ミヤギテレビ「OH!バンデス」
・仙台CATV
・エフエムなとり「なとらじ801」

ピアノを熱田公紀氏、青柳誠氏、新澤健一郎に師事。
作曲法・音楽理論を梶原順氏に師事。

アドラー心理学SMILE
アドラー心理学勇気づけ講座
ペース・メソッド研究会員
EQWEL ドレミコース認定講師

 


齋藤 たかし(さいとう・たかし) プロフィール

東京藝術大学打楽器科卒業。
クラシックで培った確かなテクニックと表現力を基に、様々なジャンルでのツアー、ライブ、セッション、レコーディングドラマーとして活躍。 
参加した代表的なアーティストにPorno Graffitti、林部智史、HYDE、Every Little Thing、Junho(From 2pm)、平原綾香、城南海、一青窈、矢井田瞳、大塚愛、森口博子、菊池桃子、大黒摩季、倉木麻衣、川嶋あい、花*花、Salyu、河口恭吾、中西圭三、タッキー&翼、DEEN、B.B.Queens、FIELD OF VIEW、東儀秀樹、細野晴臣、宇崎竜童等。 
ジャズ、クラシック活動も行なっており故前田憲男、ZOORASIAN BRASS、侍Brass、東京フィルハーモニー管弦楽団、関西フィルハーモニー管弦楽団、NHK交響楽団等、他多数。
2012年マイケル・ジャクソンのトリビュートコンサート「Thriller Live」に正規メンバーとしてツアー参加。

後進の指導にも当たっており昭和音大、国立音楽院等で教鞭を執る。
自身がインストラクターを務めるルーディメント、ドラム教則DVD
「ドラマーのためのリズム強化トレーニング」
「ドラマーのためのシャッフル・グルーヴ完全攻略」
がアトス・インターナショナルから発売中。

DTMにも対応し生ドラムからエレクトリックドラムまで幅広くセルフレコーディング環境完備。
そのサウンドクオリティに好評を得ている。

Ludwig Drums & Istanbul Agop Cymbal & Inovative Percussion Stick & ASPRドラムヘッド正規エンドーサー。
ドラムで音楽を駆け抜ける。

 


須藤 満(すとう みつる/Mitsuru Sutoh)・プロフィール

1964年山形市生まれ。13歳でフォークギター、15歳からベースを弾き始める。 東京学芸大学進学と同時に上京し同大学の軽音楽部で活動を行う中、大学3年時 の1986年秋にオーディションを経てTHE SQUARE(現T-SQUARE)に加入、2000 年夏まで約14年間在籍。14枚のオリジナルアルバムの他、ライブ盤やビデオなど 多くの作品に参加する。

T-SQUARE退団後はフリーランスに転身、リーダーライブやリーダーセッション を主宰する一方、「KORENOS」「秀景満」「TRIX」「古川初穂ピアノトリオ」 「HIROMITSU」「UxSxB」等のグループにて活動、さらには様々なセッションラ イブやゴスペラーズのツアーサポート(2001~2015年)も含むヴォーカリストのラ イブにも積極的に参加するなど、幅広い音楽性への対応力の高さを発揮しながら精 力的にライブ活動を行っている。

これまで自己名義でアルバム3作(1997年『Favor Of My Friends』/2003年 『Favor Of My Friends 2003』/2011年『Waking Up ~Remember the day, 2011~』)とライブDVD1作(2012年『「Waking Up」Tour 2012 ~Live at BLUES ALLEY JAPAN~』)を発表、好評を博す。そのほとんどの収録楽曲の作編 曲を手掛けている他、Jリーグ・モンテディオ山形のテーマソング作曲や参加バンド への楽曲提供など、作曲家としての側面に於いても各方面より高く評価されてい る。

須藤 満 official web サイト http://www1.tmtv.ne.jp/~sutoh/