水野 正敏


PROFILE

水野 正敏 Masatoshi Mizuno

■1954年5月7日大阪市都島区生まれ。

■大阪市立都島小学校

■大阪市立都島中学校

■大阪府立泉尾高等学校

■大阪デザイナー学院

■1970年~72年:立体美術集団「The PLAY」にて活動、「京都ビエンナーレ展」等に参加。その後The PLAYは2017年国立国際美術館「THE PLAY since 1967 まだ見ぬ流れの彼方へ」へと繋がる。

■1974年:19才でベースを手にし、20才でプロベーシストとしてデビュー。

■1975年~1984年:10年間を大阪にてJazzLive House「loft 6」「Duke」「Royal Horse」のレギュラーベースとして活動。

■1984年:上京

■1987年迄、甲陽音楽学院/キャットミュージックカレッジ専門学校/アン・コンテンポラリーミュージック等で講師を担当。

■1987年:親善大使としてアフリカ・ツアー参加。石川晶(Per)、直居隆雄(Gt)、村上“ポンタ”秀一(Dr)、本多俊之(Sax)

■1988年よりTV番組や映画での音楽監督を担当。
「TBS:別れぬ理由」「TV東京:水曜サスペンス劇場」「読売TV:ウェークアップ(テーマ)」「北九州スペースワールドアトラクション音楽」etc…

■1995年:モントルー・ジャズ・フェスティバルにPonta Box出演。

■2004年:水野式ベース道場開講

■2014年:モントルー・ジャズ・フェスティバル イン かわさきにOriginal Ponta Box出演。

■現在までにリリースしたCDでの作曲は170曲を越える。